LOG IN

すリーぷ いず ねっせっさりー

by キョコさん

この前、80歳過ぎている父が急に来て食事をした。
昔から
『日本に来たら日本語話せ』と外国からのお客様の前でも英語なんて話そうとしない父が、いきなり
『sleep is  necessary』ときたもんだ。

もう何年もしないうちに、ずーっと眠っていなくてはならない時が来るから、今、寝ている場合じゃないらしい。
そう言いながらnecessaryと言っていると言うコトは、
『ちゃんと寝なきゃなぁ。身体休ませなくちゃなぁ』という自戒を込めてなのか、
『長ーく眠る』コト自体が人生の締めくくりだからnecessaryなのかは、よくわからない。

そんなこんな私も毎日、止まるコトなく送る日常。
そして気づいた。

私はカフェデニム、Denim bisそのものであり。
家族もまたその
【カフェデニム、Denim bisそのものの私】に耐え。
常連さんも、これまた
【カフェデニム、Denim bisそのものや私】を受け入れ。
スタッフも、これまた
【カフェデニム、Denim bisそのものや私】を信頼し受け入れてくれていないと、耐えてはいけない最下位な状況だ。

はい。
15年と3年。


だから、こんな嫁じゃ嫌になれば
さよならするようになる。
こんな感じの店、嫌いだなぁと思えばお客さんは来なくなる。
こんなやり方や、こんな経営者の元では、働けないなぁと思えばスタッフはやめる。

もしも、私の周りに

誰もいなくなれば、
それはそれは、
【カフェデニム、Denim bisそのものや私】が消えてなくなる時だ。

【カフェデニム、Denim bisそのものや私】に一番耐えた一位はやはり、子供達にあげましょう。

優勝です。
景品はもれなく100歳でもバリバリでデニムを履く女です。

おめでとうございます。


キョコさん
OTHER SNAPS