LOG IN

Cafe Denim まみ店長

by キョコさん

カフェデニムに、当時50過ぎ位の勢いの良い、ちょっと口の悪いケンちゃんが、よく可愛い1歳位の孫のツバキちゃんを自転車のカゴに入れ連れてきた。

全体的にカフェの食べ物はさほど気に入らないようなんだけれど(笑)

厚切りトーストと夏のかき氷だけは素直に

『旨い❗️』と言ってくれた。

かき氷は、必ず

いちごミルク🍓

『ミルクはママの絞ってね〜』と、ありきたりなオヤジギャグを飛ばしてくれながら、デッカい練乳を特別にボトルキープしていた。

一人で来る時はカウンターに座って、かなり面白い家族の話をよく聞かせてくれた。

家を息子さんが建てる話しや家族の洗濯の干し方。

お嬢さんが美容院をやる話し。

長男の嫁さんのインパクトある性格。

褒めると照れ臭そうに、でも嬉しそうだった。

しばらく間が空いたりもする時期もあり、ケンちゃんは急に朝、あまり来ない時間帯に来てトーストを食べて帰った。

『珍しい時間に来たね』って言ったのを記憶している。

ケンちゃんとは…それが最後。

それから…それから…

その妹さんの美容院に、しばらく私の頭をチリチリにしてもらったりお世話になっていた。

ある日、何気なく、『バイトする人いないかなー』なんて話をしたら、『うちの、まみちゃんは?』

あ。あの頃、ケンちゃんに聞いていた、なかなかの美人で肝の座った長男の嫁。

数日後、約束通り面接に来てくれたは良いが

いやー私、無理です

と全くやる気になっていない断るまみちゃん。

いや。大丈夫だよ。

…と、一言振り切ってみた。

そしたら…

えー。そーですかー

なんと?

あっという間に気持ち変わった?

もう一往復位のやり取りしなくて良い?

はい。採用〜✌️

それから、11年。ずっと一緒に頑張ってくれている。

雨の日も風の日も。

大雪の日、地震、雷、火事はないけど、泥棒。

この場では言えないような事。笑

数えきれない珍事。

働き始めた頃に言ってくれた言葉。

忘れません。

キョーコさんが、銀行に行けたり少しでもお店から外に出られるように頑張ります!

ありがとう。

今じゃ、二店舗始めたり、旅に出てしまったり、かなりのお外に出て行ってしまう私になりました。

あなたがいるから今の私がいる。

あなたがいるからデニムがあります。

いちいち、ウルサイ、オーナーですが、今からまた一緒に成長してください。

あなたに出会えて幸せです。

あのケンちゃんが

デニムちゃんにくださった

宝物です。

って言いながら、きっと明日もダメ出しする嫌な私でR

チュッ💋

OTHER SNAPS